耳鼻科開業医の趣味と実務と日常


by a-jibika

<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

耳鼻科医の広告対策

基本的に医療機関の広告にはいろいろと制限がありまして、例えば新聞広告やタウンページなどに表示出来る項目は診療科、診療時間、休診日、院長の名前、所在地、電話番号などだけです。最近少しは緩和されてきてはいますが、それでもどんな手術が得意だとか、こんな治療もしていますとかは表示出来ません。

しかしネットは別で、経歴、治療方針、設備、手術件数なども表示出来ます。それはネットであれば情報を受け取る側がサイトなどにアクセスしてみるので、全く受動的に見る新聞広告などとは扱いが違うからなのだそうです。

最近では新聞を購読する人も減っているそうですし、数年前から特に、各紙とも医者叩きが激化したのに嫌気が差したこともあって、以前は何紙かに出していた広告も、現在では一紙のみ、それも減らすことを検討中す。タウンページにしても最初は年間数十万円もかけて2分の1ページに出していましたが、ネットと携帯の普及によりタウンページの役割ももはや大きくはなくなりましたから、これも大幅に縮小しました。

既存のメディアにはある程度見切りを付けて、現在ではネットへとスタンスを移しています。さて、ネットで自分の医院をアピールして行くにはSEO対策、SEM対策がやはり重要と考えていますが、実際どうなのか、その辺はまた次回にでもお話ししたいと思います。
[PR]
by a-jibika | 2010-04-21 22:06 | 経営秘話